タップして閉じる

公式ブログ

2021年04月02日
  • コラム

御守り (遺毛入れ)

新しくメモリアルグッズに加わりました御守り型の遺毛入れです。

商品名 「 御守り 」 税込1,100円 (定価1,650円)

右から 虹色・桜・オレンジ

亡くなったペットちゃんの毛を形見としてお手元に残せます。

また御守りの形ですので普段から持つ事も出来るグッズとなります。

こちらの専用のフィルムに、遺毛を納めます。

また、別売りのメモリアルグッズ 【 メタリックミニ 】のキーホルダーを外す事で御守りの中に納める事もできます。

遺骨・遺毛・写真

最愛のペットちゃんの形見として、お手元や常にご自身の御守りとしても側に置ける商品になります。

定価

税込1,100円 (定価1,650円)

メタリックミニ 税込1,000円

ライフスタイルの多様化

最愛のペットちゃんのご遺骨、遺毛などお手元に置く商品が続々と登場しております。

火葬 → 手元供養 → ペット霊園に合葬

従来の形だけでなく、お手元でずっと供養する事を考える方が増えている事が要望となりこういった商品が登場してくる背景だと思います。

 「手元供養でなく早く霊園に埋葬すべき」

 「何年も置いておくと成仏できない」

こういった過激な表現の意見もネットでは、見受けられます。

一僧侶の私見ですが、亡くなったペットちゃんにとって縁もゆかりもない霊園さんより愛されたご家族の元での供養も一つの答えではないかと思うのです。

また、残されたご家族様が安心してご遺骨を託せるペット霊園さんならそれもまた答え。

相反する意見のようですが、大事な事は最愛のペットを亡くされたご遺族がどうする事で心落ち着く事かと言う事です。

亡くなった人、亡くなったペット、残す家族への想いは「心が安まる」ことではないでしょうか。

盛大なご葬儀、立派で霊園で大きな墓

人の先祖供養からペットちゃんの供養もお金を掛ける事が、供養の証と喧伝される商業主義の世の中ですが、ご先祖様もペットちゃんも残されたご家族の安心・幸せ・幸福・日常の再開こそ願いではないでしょうか。

 供養の形は、今後ライフスタイルの変化により更に変わって行くでしょう。

答えは、人・ご家庭それぞれ。

絶対的な答えがないのかも知れません。



24時間365日対応!
0120-738-788